良質なコンテンツを制作するための心構え

>

ものづくりの大変さ

一次情報とはどのようなものか

情報には一次情報と二次情報があると言われていて、一次情報は実際に自分の足で稼いだ現場の生の情報のことをいいます。
そのため当たり障りのない抽象的な説明だけに止まらず、より具体的で有益な情報を発信することができるのです。

手間を惜しまず現場に出向いて取材をして集めた情報には説得力があるので、ウェブ制作者はやるだけのことはやったと言える充実感とともに、自信をもって仕事に取り組むことができるというメリットもあります。

制作者が現場に足を運ぶことによって、当事者が見落としていたようなセールスポイントが見えてくることもあります。
その点を積極的にウェブの内容に反映していけば、質の良いサイトが出来上がっていくはずです。
こうした発見をするためにも、現場の声に耳を傾ける姿勢が大切なのです。

使い方次第で効果的な二次情報

これに対して二次情報とは本やサイト、テレビやラジオからの情報のように他者から与えられた情報のことを指しています。
一般的には二次情報より一次情報の方が有益だと思われているようですが、割と簡単に得ることができる二次情報を利用しない手はありません。

ただしここで注意しなければならないことは、限られた情報だけを利用してウェブ制作を行ってはいけないということです。
たとえば、ネットで検索した情報を簡単にまとめただけですと充実した記事は生まれません。
十分な量の情報収集を行って自分なりに咀嚼し、そこからまとめあげた記事なら厚みがあって質の良い内容となることが予想されます。

質の良いウェブ制作をするためには参考にしたい二次情報をじっくりと読みこみ、そこからキーワードを抽出して記事を練り上げていくという時間のかかる作業をくり返し行っていく必要があるのです。


この記事をシェアする