良質なコンテンツを制作するための心構え

>

次第に見えてくるアウトプットのかたち

どのような情報が求められているのか

一次情報や二次情報から見えてくるものは、ウェブの閲覧者が何を求めているかということです。
いたずらに文字数ばかりが多くて内容の薄い読みづらいものよりも、適度な空間を取りながら役に立つ情報を紹介している読みやすい記事の方が良質だと言えることは間違いありません。

閲覧者が求める情報というのは多岐にわたっていると思いますが、それぞれの分野において競合している他のウェブサイトとの差別化を図ることができれば、注目されることが期待されます。
そのサイトならではの売りを全面的に押し出して、閲覧者の目に留まるようなウェブデザインにすることができれば質の良いウェブ制作が実現したと言えるでしょう。

利用者の年齢層や生活スタイルなどを分析して、ニーズに合ったウェブを制作していく気構えを忘れないようにしてください。

多角的な視点で考えてみる

Q&Aサイトなどを熟読して利用者の疑問点などを分析し、それを解決できるような内容のウェブを制作できたらサイトの質が上がるかもしれません。
疑問に答えるような内容はサービスを受ける側の人にとって有益な情報となります。

しかし、ウェブサイトの質を総合的に上げるためにはそれだけで十分とは言えません。

その他にもサービスを提供する側の立場に立って考えてみる必要があるのです。
サイトを運営する側が何を伝えていきたいのかを明確にして、あらゆる立場の人に対して共に利益をもたらすことができるようなものであることが質の良いウェブ制作の条件だと言えるでしょう。

また、閲覧する際に使用するものがパソコンなのかスマホなのかによって読みやすさにも違いが出てくるといいます。
その事を考慮してサイトをデザインしていくという配慮も必要だと思います。


この記事をシェアする